Life is bitter

日常生活で考えたことやデザイン・写真・インテリアをはじめとした役に立ちそうな知識をまとめて記しています。

Airbnbとエアアジアで格安なのに上質だった3泊5日バリ島旅行

f:id:life-is-bitter:20170831154316j:plain

7月の頭にバリ島へと旅行に行ってきました。
ことの発端は私が「リゾートでバカンスしたすぎる」と研究室の同期へ軽い気持ちで言ったことで、トントン拍子で「じゃあ行こうよ」と決まってしまい、かなりふわっとしたノリでバリ島へと飛んでしまいました。

海外旅行は行くたびに準備の段階や現地での気付きで新しい発見があるので、今回は他の人もおトクでかしこくバリ島を満喫できるよう、旅行記をまとめてみたいと思います。

準備編

Airbnbでヴィラを予約する

まずはどこに泊まるか決めるところからはじめたのですが、せっかくのリゾートなので絶対におしゃれなヴィラがいいというのは満場一致で決まっていました。
(※ヴィラとは、画像検索してみるとわかりますがリゾートによくある最高のバカンスが待っていそうなタイプの宿です。)

しかしなるべく宿代は抑えたいというニーズもあったので、安い代わりに微妙なホテルorヴィラだけど高価格帯な商品しか扱っていない普通の旅行代理店では無理だと判断し、今回はAirbnbでヴィラを予約することにしました。

人数が9人と大所帯で泊まれるところがあるか心配でしたが、1棟まるまる貸切で貸し出してるところが多かったのでむしろちょうど良かったです(逆にカップルで2人とかだと割高になってしまいそう)。

そして数ある候補の中から選んだのはこちらのヴィラ

f:id:life-is-bitter:20170831140927p:plain

写真を見ていただければわかると思うのですが、もう最高としか言いようがないインテリア。しかも3泊してもなんと一人あたり13000円程度で済んでしまい、コスパの良さが凄まじいです。

ただ、Airbnbで予約するにあたりネックだったのはホストとのメッセージのやりとりでした。
基本的に英語なのでコミュニケーションコストが高いのですが、ただ予約するだけでなくホストに何時頃現地へ着きそうか等はメッセージで最低限知らせなければいけないので「絶対に英語でのやりとり無理!面倒!」という人にはAirbnbは向いていないなと感じました。

しかしながらホストとのメッセージのやりとりもGoogle翻訳を使えば意外と何とかなってしまうのでそこまで気負う必要はありません。

あと、TipsとしてAirbnbでお気に入りの宿を見つけたときはいきなり予約するのではなく、ホストへ「あなたの宿は本当に最高、○日間くらい滞在する予定なんだけどあなたの宿に泊まれたらうれしいな」くらいのメッセージを予め送っておくとよりスムーズに予約ができます。

エアアジアで飛行機を予約する

宿が決まったらあとは飛行機の予約です。
格安航空券を探すときは大体いつもトラベルコを使うのですが、そこで見つけたのがエアアジアの成田-バリ直行便。なんと今年の5月末から就航した新しいルートなのですが、格安航空で直行便が使えるのは非常に嬉しい...!!

エアアジアで航空券を予約する際の注意点としては、トラベルコを経由するよりかはエアアジア公式サイトで直接予約した方が多少安くなるのと、荷物の制限重量を増やしたり機内食が出るバリューパックに入っておくことをおすすめします(トラベルコ経由だとバリューパックをつけることができません)。

エアアジアを利用して航空券代は往復で5万円ちょっとだったのですが、ガルーダ航空やANAでの直行便だと余裕で往復10万円超えますからやはりおトクですね。

スケジューリングはTrelloがおすすめ

いつどこに行くかなどの日程管理は今回Trelloを使って管理してみました。

f:id:life-is-bitter:20170831143214p:plain

こんな感じで各日の予定を入れてみたり、持ち物も思いついたものがあれば各々追加したりと柔軟に使えて非常に便利でした。

つい最近「行程さん」なるサービスも出てきてこちらも非常に便利そうですが、個人的にはTrelloのカード管理の柔軟さを推します!おすすめ!

現地で使えるSIMカードを調達

すぐに写真をインスタにアップしたいタイプの人間なので現地でスムーズにネットが使える環境がほしいなと思い、SIMカードを買いました(海外レンタルWi-Fiという手もありますが速度等を考えるとコスパはあまりよくないので今回はやめました)。

調べてみると現地の空港でSIMカードをすぐに買えるらしいのですが、割とぼったくりらしく、通話もしないのでAmazonで売ってたバリ島でも使えるデータSIMを1400円で買いました。何より、日本を出発する時点で確実にSIMカードがあるという安心感が決め手です(現地のSIMカード販売員と交渉するのが嫌でした)。

f:id:life-is-bitter:20170831144340j:plain

郵便で届いて本当にこれ使えるのかと不安になりましたが大丈夫でした。iPhoneのSIMロック解除もあっさりできましたし、やはりいつでもネットにつながっている安心感はいいですね...。快適なSNSライフを海外でもしたいという人は必須かと。

アクティビティは予約しておく

スパに行ったり何かアクティビティをする場合はVELTRA等で予め予約しておくのはマストです。現地でお店を見つけて英語で交渉するよりかは、日本語の通じる場所を予約しておいたほうがストレスがないです。これは絶対。

現地編

そうして数々の準備をしていざ当日。朝早く起きて成田空港第2ターミナルに集合。
メンバーのひとりが集合時間に遅れたため、Boarding Gateを通るのが締め切り直前で走りまくりいきなり疲労感が...。そして、飛行機は平日(金曜日)にも関わらずほぼ満席でびっくりしました。エアアジアのこの成田-バリ直行便、かなり人気のようです。

エミレーツ航空等と比べると席がやや狭く、テレビも付いていないので暇つぶしをするためのものが必須でした(7時間ずっと寝られるでしょとか考えてた自分が馬鹿でした)。一応、Amazonビデオであらかじめ映画をiPhoneにダウンロードしていたのでそれに助けられました。

あとバリューパックに入っていると軽食(チキンライス)が配られますが、味はまあこんなもんかなという感じでした。

f:id:life-is-bitter:20170831150038j:plain

逆にバリューパックに入ってないと一切フード(水含む)を提供されないので注意が必要です。フードでお金を稼ぐビジネスモデルだからしかたないですね。

(ちなみに飛行機内に飲食物持ち込み禁止なんですがちょいちょい普通に持ち込んでる人はいました。)

7時間のフライトを経て、空港に到着するとロビーにはたくさんの送迎待ちが。ホストにあらかじめ空港からヴィラまで迎えにきてくれるよう頼んでいたので、その中から自分の名前を見つけてドライバーをキャッチしたら車でヴィラに向かいます。送迎料金は送ってもらう前に50USドルを支払いましたが9人いたことと車での距離が約30分ということを考えると非常に安いのではないでしょうか。

ちなみにバリ島のデンパサール国際空港周辺ではUberの利用が禁止されているため、移動手段はあらかじめ用意しておくか、正式なタクシーを捕まえるかしかありません。

車からヴィラまでは非常に混んでいて結局1時間ほどかかりました。ドライバーに聞いたところヨーロッパからの観光客が多いことと何かの記念日が重なっていたためだそう。

そしてヴィラ着くと最高の景色が…!!

f:id:life-is-bitter:20170831150323j:plain

プライベートプールがついていて、いつでも泳げる…!!
お部屋のインテリアも最高で終始「最高すぎる〜」と言うだけの語彙力の無い人になってしまいました。

そんなこんなでこの最高の宿を拠点にひたすら食べてのんびりしてたまに観光するというゆったりとした5日間でしたが、あとは写真と共にダイジェストでお送りします。

f:id:life-is-bitter:20170831151519j:plain

f:id:life-is-bitter:20170831151602j:plain

f:id:life-is-bitter:20170831151629j:plain

f:id:life-is-bitter:20170831151704j:plain

f:id:life-is-bitter:20170831151727j:plain

f:id:life-is-bitter:20170831151747j:plain

f:id:life-is-bitter:20170831151806j:plain

f:id:life-is-bitter:20170831151837j:plain

f:id:life-is-bitter:20170831153522j:plain

と、こんな感じで食と自然が最高なところでした(適当)。

最後に

今回のバリ島旅行、スパに行ったり豪華な食事をしたりしても全ての費用込で11万円くらいしか使っておらず、値段の割になかなか上質な旅ができたな〜と満足でした。これからバリ島への旅行を考えている方は、ぜひAirbnbとエアアジアの利用をおすすめします。