Life is bitter

日常生活で考えたことやデザイン・写真・インテリアをはじめとした役に立ちそうな知識をまとめて記しています。

クリエイターの生産性を格段に上げるガジェット10選 in rakunew

f:id:life-is-bitter:20170704104758j:plain

近年、次々と出てくるガジェットの多くは非常にクリエイティブなものばかりでクリエイターにとっては「こんなモノを待っていた!」と思わず喜んでしまうようなものまであります。

ガジェット好きな私は常々クラウドファンディングサイトやrakunewなどの最新のガジェットを扱うサイトを覗いていまして、何かいいモノはないかなとチェックしているのですが、ある程度欲しいものリストが貯まってきたので、今回はrakunewで買えるクリエイターの生産性を格段に上げるガジェットというテーマでおすすめのもの(つまるところ私が非常に欲しいもの)を紹介していきたいと思います。

お金が貯まったら買うぞ...!!

1. XPlotter

f:id:life-is-bitter:20170621113501p:plain
https://www.rakunew.com/items/77161

XPlotterはレーザーによる彫刻や切断、あとはペンを持たせてインプットした画像を手描き風に描画してくれる装置です。この画像を実際に手描き描画してくれる機能が欲しすぎる...。PhotoshopやIllustratorで頑張って加工すれば画像を手描き風にすることはできるのですが、やはり実際にアナログで描いてあるものと質感が全然違うんですよね。他にも卓上レベルでのレーザー裁断もできるのでお値段の割にはおトクなガジェットではないでしょうか。

2. Foldio3

f:id:life-is-bitter:20170621113733p:plain
https://www.rakunew.com/items/78132

Foldio3は折りたためるフォトスタジオ。ちょっと物撮りしたいときにこれを使うだけですぐにスタジオが用意できます。メルカリに出品する場合やブログで何かモノを紹介する場合に商品の写真を取りますが、そんなときも活躍してくれる便利な代物です。

3. Bean

f:id:life-is-bitter:20170621113923p:plain
https://www.rakunew.com/items/78153

Beanは高解像度のSLA方式3Dプリンタです。SLA方式とは光造形で積層していくタイプの方式なのですが、特徴として出力した物がきれいなので(解像度が高いので)、出力後に磨きがあまり必要ないことがメリットです。

一般的にSLA方式の3Dプリンタはフィラメントを使うタイプの3Dプリンタと比べて非常に高価なのですがこのBeanは10万円未満で買えるSLA方式3Dプリンタということでお買い得です。頻繁にプロトタイピングをする学生などにおすすめです。

4. TriLens

f:id:life-is-bitter:20170621114123p:plain
https://www.rakunew.com/items/78009

こちらはDSLRレンズに限定されますが素早くレンズ交換ができるようになるレンズホルダーです。カメラバッグからいちいちレンズを取り出して付け替えるのは非常に面倒で時間もかかり、しばしばシャッターチャンスを逃すなんてことがありますがそういったことから解放されそうですね。

5. FormBox

f:id:life-is-bitter:20170621114325p:plain
https://www.rakunew.com/items/74520

FormBoxは真空成形加工機です。好きなものをマスターモデルとして型を作ることができます。ハンドクラフトでレジンアクセサリーなどを作る人にとっては創作の幅が広がるガジェットです。

6. Sense 3D スキャナー

f:id:life-is-bitter:20170621135737p:plain
https://www.rakunew.com/items/62177

Sense3Dスキャナーはハンディタイプの3Dスキャナです。プロユースでの3Dスキャナとなるとウン十万円とするのですがこちらは10万円以下で買えます。スキャン後にSTL編集もできるので3DCGグラフィクスや3Dプリントなど様々な用途での活用が期待できます。

7. Volt

f:id:life-is-bitter:20170621140058p:plain
https://www.rakunew.com/items/77009

Voltはスマホ用のスタビライザーです。スマホ用スタビライザーは割と種類が多いのですが、正直なところちゃんと機能しているのもは一握りで、中途半端に安いものを買ってしまうよりかはこのVoltレベルの価格帯で買うのが正解です。デモを見ていただければわかりますがしっかり振動を吸収しており、効果が期待できるスタビライザーです。

8. HyperDrive

f:id:life-is-bitter:20170621140228p:plain
https://www.rakunew.com/items/76684

ちょっとピンポイントですが、MacBook ProのLate 2016以降のUSB type-Cを拡張するアダプタです。HDMIやSDカードの使用がまだまだ現役なので正直このアダプタがないといざという時に困ってしまいます。デザイン性も含めてこちらがベストソリューションではないでしょうか。

9. Equil Smartpen 2

f:id:life-is-bitter:20170621140351p:plain
https://www.rakunew.com/items/69003

Equil Smartpen 2はノートや紙に書いた内容がクラウド経由でデジタル化されるガジェットです。手書きのデジタル化といえばタブレットでいいじゃん、となりがちですがやはり実際に紙に書いたときの精度や書き味には敵いません。いま欲しいモノ上位に食い込んでおります。

10. 01(ゼロワン)

f:id:life-is-bitter:20170621140515p:plain
https://www.rakunew.com/items/76428

01(ゼロワン)はデバイスを転がすことで長さを測定するガジェットです。インテリアデザイナーや空間デザイナーの方などわざわざコンベックスを持ち歩かなくてもスマートに計測ができるようになります。地味に欲しい。

最後に

今回はクラウドファンディングよりも買える可能性の高いものを、ということを意識してrakunewから紹介しましたが、もっとイノベーティブなガジェットを探している人はKickstarterやMakuake、CAMPFIREなどもチェックしてみてはいかがでしょうか?
思わぬ掘り出しモノが見つかるかもしれませんよ...!!