Life is bitter

日常生活で考えたことやデザイン・写真・インテリアをはじめとした役に立ちそうな知識をまとめて記しています。

ブログ記事をTwitter広告でプロモーションしてみた結果と考察

f:id:life-is-bitter:20170607104616j:plain

先日、サマーインターンまとめについての記事を書きました。

しかしながらこの記事、肝心のインターンの応募締め切りがすぐ3〜4日後のものが割とあり、インターン情報を必要としている人たちに対して早急に届けなければ記事の価値が落ちていくという問題に気付いてしまいました。
当ブログはアクセスの90%以上が検索流入であり、SNS流入がほとんどないので何らかの媒体で今すぐに拡散する必要があったのです。

そこで、少額かつ審査なしではじめることができるTwitterのプロモツイートを利用して記事を広告してみました。
今回はその結果、および考察をまとめてみました。

方法と結果

Twitterでプロモツイートを出稿する一連の流れは以下の記事を参考にしました。

ちなみに実際にプロモツイートにしたツイートはこれです。

実際にやってみると本当に簡単でしたのでこちらを参考にしていただければと思うのですが、WEB広告においてもっとも重要となってくる要素はどんなセグメントに対してリーチさせるかです。

どんな属性の人にツイートを表示させるかは「ターゲティング設定」の部分で非常に細かく設定できるのですが、今回私は以下のような条件にしてみました。

f:id:life-is-bitter:20170607105819j:plain

  • 国:Japan
  • 性別:男女
  • 言語:日本語
  • キーワード:デザイン、インターン
  • ライフステージ:学生

ざっくりと日本にいるデザインとインターンに興味がある学生、というターゲティングとしました。
「興味関心」の部分の「ライフステージ:学生」はどこから情報を取ってきてこの属性にリーチするのか謎ですが一応入れてみました。

そして、予算は5000円です。
前述の参考サイトでは1000円としていましたが1000円では効果測定もクソもないレベルでの定量データしか取れなさそうだと判断したのでちょっと奮発して5000円にしました。

結果

f:id:life-is-bitter:20170607110858p:plain

  • インプレッション:24,304
  • エンゲージメント:5,176
  • リンクのクリック数:13

ざっくりとこのような結果となりました。
時間としては約12時間で予算を使い切りました。
予算5000円も加味してよりわかりやすい数字に置き換えると、

  • エンゲージメント率:21.23%
  • 記事へのコンバージョン率:0.054%
  • リンククリックあたりのコスト:384円

というようなことになります。

考察

まず一言。コストが高すぎる!
このツイート経由で記事に1回アクセスさせるだけで384円ってもうお昼ごはん代レベルじゃないですか...。
調べてみたところエンゲージメント率は割といい数字みたいなのですがCVRベースでいくとめちゃくちゃ低いようです。

そして、今回のターゲティング設定でキーワードを「デザイン」と「インターン」と設定しましたが、冷静になって考えてみると「デザイナー」「インターン」の方がもっと的確に刺さりそうな気がしたのと、そもそもTwitterで「デザイン インターン」と検索するような人(学生)がいるのかという想定も甘いなと感じました。

というのも、インターンという情報の属性を鑑みるとSNSで探すというよりかはもっと普通にGoogle検索であったりリクナビ・マイナビ、Wantedlyなどのプラットフォームを使って探すと思うので、今回のターゲティングのボリュームに偏りがあって本当にリーチさせたい層に届いていなかったのかなと。 

しかしながら、こんなにも簡単に出稿できてしまうのでバズの初動のための手段としてはかなり使いやすく、仮説を適切に設定してターゲットに刺さったときの威力はすさまじいのではないでしょうか?

最後に

Twitterのプロモツイートによる広告は少額からはじめられることから、アイキャッチに使用する画像やツイート内容を変えてみてA/Bテストをものすごい早いサイクルで回せそうなところに魅力を感じました。

また、Twitterというメディアの特性からもっと豆知識的な記事やおもしろ・ネタ的記事のほうがバズらせてコンバージョンにつなげやすいのかなと思います。雑記系ブロガーの方とか一度試してみてはいかがでしょうか?