Life is bitter

日常生活で考えたことやデザイン・写真・インテリアをはじめとした役に立ちそうな知識をまとめて記しています。

海の中でiPhoneを使うために買った防水ケースで大失敗した話

f:id:life-is-bitter:20160915070749j:plain

気温が落ち着いてそろそろ秋めいてきたこの頃ですが、ちょっと逆行して海について。

かれこれ半年前に大学の卒業旅行でサイパンに行きました。気温は快適で海も非常にきれいでまさしくリゾート。ちょっと海に潜れば数々の魚たちもいてそれはそれはテンションがあがりました。

そんな美しい環境ですから海の中を撮影したいと思いまして、私の相棒カメラであるα7Ⅱのために防水ケースを買おうとしたら高いのなんの(サイパンのおみやげ屋さんでは数々のカメラ用防水ケースが売ってます)。α7Ⅱの防水ケースは諦めてiPhoneの防水ケースにしようとしたのですが、これが選択を間違えてしまったのです...。

おそらく今回のサイパン旅行でしか使わないだろうしできるだけ安いものにしようと思って私が選んだのがこちらのタイプのiPhone防水ケース。 

よく売られているこのビニール製の防水ケースですが、安い代わりに本当に防水するだけ

実際に海中で使ってみるとタッチパネルは全然反応しないし(静電式だから当然っちゃ当然か)iPhone横に付いてる物理ボタンが押しにくいので撮影もしにくい。また密閉しているのでかなり熱がこもりやすく温度を下げてくださいという表示が出る始末...。写真とビデオを切り替えるときなんかわざわざ水面まであがってきて、水滴に翻弄されながらスライドさせてました。あと、空気をきちんと追い出して密閉しないとすぐに水面に浮き上がるので不便です。

そんなわけでこのビニール製の防水ケースは海辺でちょっとiPhoneを持っていたいという用途以外では全くおすすめしないのですが、以下のハードケースタイプってどうなんでしょうかね?

それなりに高いのでビニール製の防水ケースよりかは期待できそうですが、いまいちレビューでも撮影時の使用感が書いてない...。 

iPhone7からは防塵防滴でIP67準拠になったのですが、完全防水のIPX8ではないのでやはりそのまま海の中で使えはしないのですよね。いずれiPhone7用の完全防水ケースが出ると思いますが、一体どれが正解なのでしょうか?

海中写真を一眼レフで撮影するのは機材の価格を考えるとアマチュアには現実的ではないので、早くiPhone用の防水ケースの決定版が出てほしいものです。