Life is bitter

日常生活で考えたことやデザイン・写真・インテリアをはじめとした役に立ちそうな知識をまとめて記しています。

イラレ信者の私がUIデザインではSketchをおすすめする理由

f:id:life-is-bitter:20160904164819j:plain

この夏、サイバーエージェントのサマーインターンにデザイナー枠で参加してきまして、UIデザインデビューをしました。今まで紙媒体や映像ばかりでUIデザインに関してはほぼ初心者ということで、大丈夫かなと心配していたのですが自分なりに健闘してそれなりに収穫はあったかなという感じです。

そして、このインターンを通じて初めて使うことになった「Sketch」というソフト。
SketchはMac用のUIデザインに機能を特化したデザインソフトでして、UIデザイナーやWEBデザイナーの間ではここ数年で急激に普及しはじめています。

そして、インターンで使用するデータとして会社側からあらかじめ配布されたデータがこのSketchのデータで、はじめのうちは操作性に慣れずストレスでした。レイアウトに関してはAdobe Illustrator一択の私としてはなかなかもどかしく効率も多少落ちてしまったのですが、ある程度操作感がわかってくるとあら不思議。確かにUIデザインに関してはIllustratorよりもSketchの方が便利ではありませんか。

そんなわけで何でもかんでもIllustratorでデザインを組んでいくイラレ信者の私がSketchをおすすめする理由をお教えします。普段はPhotoshopやIllustratorでUIデザイン等を組んでいて、Sketchへの乗り換えを検討している人には参考になるのではないでしょうか。

IllustratorよりもSketchを推す理由

1週間Sketchを使用して実際にiPhoneアプリのUIデザインを組んでいった際、IllustratorよりもSketchの方が優れているなと思った理由は以下の3つ。たった3つですがこの3つだけでも推せます。

1. アートボードからはみ出たシェイプ等を自動的にクロップしてくれる

まず1つ目がこれ。

Sketchではアートボードからシェイプや画像などがはみ出していると、そのはみ出た分だけ自動的にクロップされます。Illustratorの場合、アートボードのサイズ・形でクロップされた状態をプレビューしたいとき、全てのオブジェクトを選択してクリッピングマスクをするしかありません。

UIデザインにおいては画面外にはみ出た余計な要素は見えない状態が理想ですが、常にクリッピングマスクされている状態では選択に時間がかかってレイアウトもままなりませんよね。このストレスから解放されるのは非常にありがたいです。

2. 各種ブラーが気軽に試せる

2つ目はこれ。

UIのトレンドとして一旦落ち着きはしましたが、まだまだ健在のブラー。画像の一部分だけブラーをかけたいというとき、Illustratorでは画像を2つ使ってブラーをかけてブラーのかかっている方をマスクして...みたいな無駄に多い工数を踏まないといけないのですが、Sketchではブラーを書けたい部分にマスクをしてパラメータをいじってあげるだけ。今までのあの面倒くささは一体何だったのかレベルで簡単です。

ただひとつ難点をあげるとするならばブラーにクセがあって思った感じの色やブラーが出にくいところか...?

3. 実機でリアルタイムにプレビューしながら制作できる

最後3つ目はこれ。

Illustratorではそんな機能もアプリもプラグインも聞いたことがないのですが(私が知らないだけ?)、Sketchでは制作中のデザインを実機でプレビューできちゃいます。

Sketch Mirror

Sketch Mirror

  • Bohemian Coding
  • 無料

その名もSketch Mirrorというアプリなのですが、Wi-FiもしくはUSB接続で現在のアートボードの状態を実機でプレビューできるというもの。モニターの色合いの関係でPC側では理想の状態なのに実機で見てみたら全然イメージと違う、なんてこともきちんと確認ができます。また、実機での画面のサイズ感もわかるのでここのボタンはタップしづらいかな、などということもチェックできます。

Sketchにももちろん欠点はある

以上の3つの理由だけでUIデザインを組んでいく上ではかなり推せるのですが、やはり欠点はあります。アイコン等の複雑なシェイプをもつオブジェクトはIllustratorの方が向いていますし、Sketchではマスクをするのに少々クセがあること、レイヤーをかなりきれいにするよう意識しないとオブジェクトの移動でストレスが溜まる、などなど。

とはいえ個人的には慣れてしまいさえすれば、この欠点も気にならないほどツールとしては優秀だと思いますし、制作コストも削減できます。

Sketchに興味ある方はまずは30日間の試用ができますので試してみてはいかがでしょうか。