読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is bitter

日常生活で考えたことやデザイン・写真・インテリアをはじめとした役に立ちそうな知識をまとめて記しています。

どれを買えばいいの?α7Ⅱ所有者が考えるSONYのα7シリーズ購入スペック考察

f:id:life-is-bitter:20160429215550j:plain

フルサイズのミラーレス一眼。フルサイズ機でありながらミラーレスであるのでその軽量さと小回りがきくサイズは非常に魅力的です。私はOLYMPUSのO-MDから入って現在はSONYのα7Ⅱを使っています。

α7Ⅱを導入してからそろそろ約1年が経とうとしているので、自分の使用感をもとにα7シリーズを購入するにあたりどの機種がどういった人に向いているのかスペックの考察をしてみました。

各モデルの位置づけ

α7シリーズの各モデルの位置づけは以下の通りになっています。

  • α7  フルサイズのミラーレス一眼の基本モデル
  • α7R  ローパスフィルターレスの高解像度モデル
  • α7S  拡張ISO409600を誇る暗所に強い高感度モデル

そして各モデルに「Ⅱ」がつくと5軸の手ぶれ補正をはじめとした全体的なスペックアップがされています。昨年の秋ごろに全てのモデルで「Ⅱ」のついたものが出たのでしばらくは「Ⅲ」が来ないということで、α7シリーズに買い替えるにはいいタイミングかと思います。

大まかな各モデルスペック比較

各モデルで細かい違いはあるのですが、大まかにスペックの差をまとめてみました。ちなみにα7無印は価格とスペックを考えたときに現在ではコストパフォーマンスがあまり良くないので除外してあります。また、スペックの着目点として私のカメラ用途(写真5割・動画5割)を基準としてます。

こうしてみるとやはり機能が良いとそれなりにお高いですね。特にα7RⅡとα7SⅡ。大別するとα7Ⅱがフルサイズ入門者向け、α7Rシリーズがプロのフォトグラファーをはじめとした高解像度を必要とする人向け、α7Sシリーズが動画および暗所撮影をする人向け、というように住み分けができています。

各モデルの作例

どういった写真が撮れるのか、各モデルでの作例はフォトヨドバシさんの実写レポートやαcafeに投稿された作品を見るのがよいでしょう。

[PY] フォトヨドバシ SONY α7R 実写レビュー | photo.yodobashi.com |

αcafeではアマチュアやハイアマの方々のリアルな写りの作品が投稿されているので購入検討するのには大きな材料になるかと思います。それにしてもα7RⅡの圧倒的解像感とα7SⅡの暗所耐性はすごい。

α7Ⅱを使用している上で感じたこと

さて、私はα7Ⅱを普段使っていますが実際に使ってみて良い点と悪い点についてわかったことがいくつかあります。

1. 5軸の手ぶれ補正は望遠の撮影時に実感した

機種名に「Ⅱ」がつくとボディ内での5軸手ぶれ補正の機能がつくのですが、これは私の持っているレンズでもっとも長い240mmテレ端で撮影するときに威力を実感しています。望遠で撮影しているとしばしば手ぶれでぼやけたものが撮れたり、構図が定まらなかったりするのですが、ここまで安定するのかと感心するほど。

また、このボディ内での5軸手ぶれ補正があるおかげで、マウントアダプタをつけてオールドレンズが実用的なレベルで使えるというメリットもあります。私はまだオールドレンズにまで手を出してはいないのですが、ちょっと変わったレンズの選択肢として幅が広がるのはうれしいですね。

2. 初心者にはノイズがつきまとう

これは私がずぼらというか面倒くさがりなので起こっていることなのですが、絞り優先のISO AUTOで撮影しているせいかRAW現像するときに結構ノイズがひどいなと思うことが多々あります。

ちょっと暗いところで撮っただけでISO1600とかになっているのでそりゃノイズが乗っていても文句は言えず、ただα7Sだったらこれくらいの暗所でもノイズが全然出ないのだろうなとちょっぴりうらやましい気持ちがあります。

α7Ⅱに限ったことではないのですが、ちゃんと考えて撮影しないとノイズは普通に乗ります、ということ。カメラ初心者が暗めの室内や夜での撮影でノイズを気にせずに撮るにはやはりα7Sかα7SⅡに軍配が上がると思います。

3. α7ⅡではピクチャープロファイルのS-Log2を過信するな

たぶんこれはα7Ⅱを買って一番がっかりしたところだと思います。私は映像制作の案件で動画撮影もするのですが、動画でも写真のRAWのようにダイナミックレンジの広い編集がしたい!と思ってS-Log2の使えるこのα7Ⅱを購入しました。

しかしながら、このS-Log2。このα7Ⅱ単体での撮影だとデータとしては4:2:0 8bitであり、色や光の情報がかなりカットされているのです。試しでS-Log2撮影からカラーグレーディングをやってみたのですが、ノイズがひどすぎて使い物にならない…。このS-Log2の実用検証はまた後日に実際にやってみてまとめようと思うのですが、なかなか一筋縄ではいきません。

ATOMOS SHOGUNをはじめとしたRAWフォーマット可のレコーダーを併用しないとやはりS-Log2のメリットを最大限に享受できないみたいです。ただ、こちらもノイズに強いα7Sおよびα7SⅡだと普通に実用できるレベルなのかなと。非常に気になります。

4. 有効画素数2430万画素と1220万画素

じゃあα7S買えばよかったじゃん!という話ですが、私が気になったのは画素数。実際に使ってみてα7Ⅱの2430万画素は十分だとわかったのですが、購入する前はα7Sの1220万画素って足りないのでは?と思いα7Ⅱにしたのです。

調べてみると同じセンサーサイズに対して画素数が減ると単位面積あたりの光量が増え、ノイズに強くなるそう。だからα7Sは暗所でもノイズが少なく撮影ができるのですね。また、1220万画素は350dpiだとA4サイズくらいの大きさになります。つまるところ、DTPにおいても必要十分ということ。印刷用途でA3サイズ以上が必要という人はα7Ⅱがいいですが、アマチュアではα7Sの1220万画素で十分です。

α7シリーズを通しての注意点

1. レンズの種類の不足感と価格

α7シリーズのマウントはFEマウント(正確に言うとフルサイズフォーマットのEマウント)なのですが、CanonやNikonと比べると使えるレンズの種類が少ないです。最近になってようやく大口径レンズのG MASTERを投入してきたりFE 50mm F1.8といった撒き餌レンズを出したりと使えるレンズの幅を増やしてきましたが、ほとんど純正レンズしかないFEマウントはやはり不足感が否めません。

また、何よりも障壁に感じてしまうのがその価格。FEマウントの場合はどのレンズも大体10万円からなのでなかなか気軽に新しいレンズを導入できません。お値段の分だけ性能もいいのですが、カメラの醍醐味のひとつとしてレンズを交換して広角や望遠の違いを楽しむということが挙げられる以上、この価格設定は難点です。

2. バッテリーの持ちが悪い

これは各所で言われていることですが、本当にバッテリーの持ちが悪い。旅行に行くときは必ず2〜3個はないと足りなくなります。写真撮影の場合、α7シリーズはバッテリーをどんどん変えていくもの、と割りきってしまえばそんなに気にならなくなるのですが、長時間の動画撮影時はハラハラしてしまいます。外部電源を用意するのは必須です。

まとめ

トータルで考えて、αシリーズは以下のような購入の目安でいいのかなと思います。

  • α7Ⅱ  マイクロフォーサーズやAPS-Cからのフルサイズ入門者。
  • α7R  動画はあまり考えず高解像度がほしい人。価格的に入門にも最適。
  • α7RⅡ  くっきりした画がほしいハイアマチュアやプロのフォトグラファーなど。
  • α7S  暗所でノイズを気にせず撮影したい人、動画に比重が大きい人。
  • α7SⅡ  プロユースレベルでの暗所・動画撮影をする人向け。

個人的には動画での用途も結構比重が大きかったのでもうちょっとお金を出してα7Sを買えばよかったなあとちょっとだけ後悔しています。S-Log2め…。ですが、α7Ⅱもとても良いカメラです。もっと自分の技術を磨いてカメラとレンズの性能を引き出せるようになりたい。

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S