読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is bitter

日常生活で考えたことやデザイン・写真・インテリアをはじめとした役に立ちそうな知識をまとめて記しています。

RAW現像する人なら知っておきたいフィルムプリセット「VSCO Film」

写真

f:id:life-is-bitter:20160410135229j:plain

一眼レフやミラーレスカメラで写真を撮る皆さん、RAW現像していますか?
後のノイズ処理に少々手間取ったりしますが、現像段階でリカバリーできるので明るさをほとんど気にせずパシャパシャと気軽に撮影できるから私はRAWで撮る派です。

RAW現像をするなら「VSCO Film」

撮影しているときよりもヘタしたらRAW現像しているときの方が楽しいんじゃないかと思うくらいわくわくする瞬間なのですが、ただ、RAW現像ってパラメータ多くてひとつずついじるのがちょっと面倒くさいんですよね。そこで最近は「VSCO Film」というプリセットを使ってLightroomで現像しています。プリセットをつかうとワンクリックでいい感じの画になってくれるので、時間短縮になってしかも自分ではできないプロっぽい質感になるのでとても助かります。

VSCO

VSCO

  • Visual Supply Company
  • 写真/ビデオ
  • 無料

VSCOというとiPhoneやAndroidでの写真アプリとして有名で、フィルムで撮影したような色と質感を出してくれます。VSCO FilmはそのRAW現像ver.であり、アプリと同じ感覚でワンクリックで各種フィルムをエミュレートして再現してくれます。私の作例ですがこんな感じ。

f:id:life-is-bitter:20160409132719j:plain

f:id:life-is-bitter:20160409132731j:plain

f:id:life-is-bitter:20160409132742j:plain

Lightroomで明るさや彩度あたりをいじって現像するだけだった自分にフィルムの質感で表現の幅を与えてくれたありがたいプリセットです。Lightroomで使用しているときの実際の画面ですが、このようにひとつずつプレビューしながらどのような味付けになるかが確認できるのはやはり便利ですね。

そしてフィルムプリセットだけでなくVSCO Film Toolkit(写真右)という色やコントラストなどに絞った細かい調整ができるプリセットも同梱しています。こちらは重ね掛けができるところが非常にGOODです。

f:id:life-is-bitter:20160418133452p:plain f:id:life-is-bitter:20160418133526p:plain

お値段は各種$59USDでパックが7種類あります。1パックあたり約20種類のフィルムとToolkitがセットになっています。個人的に推したいパックは02と06かな。RAW現像をする方は是非チェックしてみてください。