読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is bitter

日常生活で考えたことやデザイン・写真・インテリアをはじめとした役に立ちそうな知識をまとめて記しています。

タイポグラフィでの印象操作とその技法

f:id:life-is-bitter:20161023210811j:plain

デザインの一要素としてタイポグラフィの与える影響は大きいものです。
同じ文字列でもどういった書体を選択するかによってその文字列から受ける印象はだいぶ違い、日本語で言えば明朝体だとお堅い印象、ゴシック体だと親しみやすくスタンダードな印象、というように何となく共通認識ができているのではないでしょうか。

プロのデザインの現場では見出しやキービジュアル、ロゴといったものには既存の書体を使わずにオリジナルのタイポグラフィを作ることがほとんどです。「タイポグラフィを制するものはグラフィックデザインを制する」なんて言われるくらいですし、このオリジナルなタイポグラフィを的確な意図で作れることがプロとアマの違いになるんですかね…。

今日は一日、トレーニングということで既存書体をいじってタイポグラフィの与える印象がどうなるか見てみました。

続きを読む

【PDF配布】アイデア整理シートを作ったら無駄なブレストが減った話

f:id:life-is-bitter:20161022203036j:plain

皆さん、「アイデア出し」ってどのようにやっていますか?
大体の場合、ブレーンストーミングやKJ法といったフレームワークを使って個人・多人数問わず行うと思いますが、その成果はいかがでしょうか。

私は個人的にブレストがあまり好きではありません。なぜなら時間対効果のコスパが悪いからです。
とにかく量を出すのがブレストのポイントでありますが、そのときに出るアイデア・認識・問題って基本的にみんな既にわかりきっている、既に考えていることばかりなんですよね。せっかく多人数が集まったのにそのようなことを洗い出すために時間を割くのって無駄じゃありませんか?

そんなわけでこのブレストでの無駄をなくすためにアイデア整理シートなるものを作りました。

続きを読む

Tokyo Midtown Award 2016 デザインコンペの結果から思うこと

f:id:life-is-bitter:20161021180556j:plain

先日、10/14にTokyo Midtown Award 2016の授賞式がありました。
アートコンペとデザインコンペに分かれているのですが、デザインコンペに関しては私も応募したりしなかったり。出されるテーマに対して毎年とてもユニークなアイデアが選ばれるこのTokyo Midtown Awardのデザインコンペ、今年も面白い作品が出揃いました。

続きを読む

未来が体感できる!毎年開催されているおすすめ展示会・イベント8選

f:id:life-is-bitter:20161020032902j:plain

皆さん、展示会や見本市などに行ったことはありますか?
美術館や博物館にはよく足を運ぶという方はいると思うのですが、展示会や見本市って興味がないと意外と縁のないものです。ここでいう展示会や見本市は主に家電やIT技術といったものが扱われているエキシビションを指します。

今回は私が毎年行きたいなと思いつつも忙しくて参加できなかったり、忘れていたりするおすすめの展示会や見本市、イベントを自分のリマインダーもかねて紹介したいと思います。

続きを読む

人生は夢だらけ

f:id:life-is-bitter:20161019043832j:plain

ここ最近とても好きで何回もみてしまうCM。

今までの人生、楽しかったこともあればもちろんつらかったこともあって、どちらかと言うとつらいことの方が多い。そしてこれからもつらいことはやってくるんだろうけど、それらを物ともしないくらいわくわくすることも待っている。それなりのバイタリティは必要だけど自分次第で無限に可能性は広がるし、人生って夢だらけだなと思う。

4月にこのブログをはじめた当時、メンタルをやられていた自分には到底考えられなかったようなことなのですが、こんな風に思えるくらいには回復してきたんだとしみじみ。

人生は夢だらけとは言えど、半年後には就活真っ最中の私には一体どんな将来が待っているんでしょう。なるようになるでしょと適当に流していたけどそろそろキャリアをちゃんと考えないといけない時期だと思うのです。

続きを読む